コピーとシュレッダーを酷使する人

人事異動が多い弊社。その度に席替えがあり、短い間ではありましたが、コピー機の隣の席に配置されたことがありました。

コピー機っていろんな人が入れ替わり立ち替わり現れるのでちょっとした会話が生まれがちだったり、コピー機で密談が行われたり、コピー機でとある男性社員が女性社員を口説いていたり・・・コピー機には短い時間ながらドラマがあるようです。席替え直後はたくさんの人がやってくることに慣れず落ち着かない日々でしたが、そのうち慣れ、コピー機ドラマが楽しみになってきました。

ただ、あいつを除いては・・・その人はかなり頻繁にコピーをとります。そしてシュレッダーもよく使っているようで、一体そんなに何をコピーし、破棄しているのか。弊社はコピー機を使用する際にカードキーを照合することになっているのですが、もし、コピー機の使用回数をカウントしたら間違いなくあいつが一位だと思います。

とにかく目障りでしょうがなく、もうコピー機のところに来ないで!と毎日ストレスでしたが、その後席替えになりコピー機ドラマは見られなくなりましたがストレスからは解放され嬉しい限りです。でもやっぱり少しコピー機ドラマが気になる私でした。